慢性的な野菜不足の人は多し・えがおの青汁満菜で足りない分を補おう

女性の方で、なかなかお通じが来ないので悩んでいるという話をしばしば耳にします。数日お通じが来ないのは結構よくある話で、ひどくなると1週間とか10日くらい一切お通じが来ないという人もいるほどです。男性と比較して、女性の方が便秘に悩むという話が多いです。

 

これはなぜかですが、まず男性と比較して女性は筋肉量が少ないことが関係しています。便を出すためには腹筋や括約筋が必要ですが、女性は男性と比較するとこれらの力が弱いです。

 

また女性の中でダイエットをしている人は多いでしょう。このダイエットも便秘と関係していて、食事制限を行うと腸の便を外に押し出すための蠕動運動が低下します。その結果、なかなか排便できない状態に陥るわけです。
便秘の状態が続くと、腸内環境が悪くなって、悪玉菌優勢になります。そうなるとアンモニアや硫化水素などの有毒物質が腸内に溜まりやすくなりま
す。有毒物質が腸から体内に吸収され、血液を介して全身に回ると美容や健康にとってマイナスです。

 

便秘対策には食物繊維が必須

便秘解消に食物繊維は効果があるという話を聞いたことのある人もいるでしょう。食物繊維は、宿便を排出するのを促し腸内の悪玉菌を減少させ、腸内環境を整える効果が期待されています。食物繊維は、野菜や果物に多く含まれています。簡単に言えば、日々の食生活の中で意識的に野菜や果物を摂取するのが有効な便秘対策です。

 

ただし野菜や果物を食べ始めてすぐに便秘が解消されるわけではないです。ある程度継続していると、徐々にお通じのペースが速くなって、便秘が解消されるといった感じになるでしょう。

 

便秘に悩んでいる人の中には、下剤を飲んでいる人もいるかもしれません。下剤は即効性が高いので、あまりに便秘の状態がひどければ利用するのも一つの方法です。しかし薬に頼るのではなく、自然な形で排便できるようにするためには、やはり食物繊維の摂取がおすすめです。

 

野菜不足を補ってくれるえがおの青汁満菜

便秘解消するためには食物繊維の摂取、すなわち野菜を食べることが大事です。しかし現状ですが、日本人の全世代で慢性的な野菜不足の状況に陥っているというデータが出ています。厚生労働省が推奨しているのは1日350gの野菜の摂取です。しかし全世代の平均を見てみると、日本人が1日に摂取している野菜の量は281gで70g程度足りていないのです。

 

仕事が忙しくて外食や惣菜ばかり食べていると、どうしても野菜の摂取量が少なくなります。自炊して野菜を使った料理を食べるように心がけたいところですが、なかなかそうも言っていられないという人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、えがおの青汁満菜です。

 

えがおの青汁満菜には長命草などの野菜のエキスや大麦若葉が豊富に含まれています。えがおの青汁満菜には、ホウレンソウ5把分のビタミンB6やピーマン27個分の葉酸など、野菜の栄養分が豊富に含まれています。食物繊維も豊富に含まれているので、コップ1杯飲んだだけでも簡単に大量の食物繊維を摂取できます。なかなか十分な野菜が食べられないというのであれば、えがおの青汁満菜で必要な野菜の栄養分を摂取する習慣をつけてみましょう。

えがおの青汁満菜


さっそくえがおの青汁満菜を購入する!


えがおの青汁満菜の公式サイトはこちら