便秘を解消することもニキビ改善のために大事

思春期の時にニキビができたという人は結構多いはずです。しかし大人になってからもポツポツニキビができるようであれば、これは食生活の乱れが関係している可能性が高いです。

 

思春期の頃は体が成長している最中で、ホルモンバランスが安定していないので結構誰でも起こりえます。しかし大人ニキビの場合、野菜不足が密接に関係している可能性が高いです。

 

大人ニキビは生活習慣の乱れにあり

野菜が慢性的に不足すると、代謝に必要なビタミン不足の状態に陥りやすくなります。そうなると新しい肌に変わるターンオーバーがうまくいかなくなります。さらにビタミン不足になると皮脂の分泌コントロールがうまくいかなくなります。結果的に古い角質に余分な皮脂がつまりを起こしやすくなって、ニキビができるわけです。

 

野菜不足になると繊維質の摂取がうまくいかなくなって、便秘になりやすいです。すると宿便がいつまでたっても便の中にとどまり続けて、宿便に含まれる毒素が腸から血液に吸収されてしまいニキビを発生させるリスクが高くなります。

 

食生活の不足分をえがおの青汁満菜で補う

1日に必要な野菜の摂取量は350gといわれています。これだけの野菜を毎日摂取するのは、難しいです。そこで不足した野菜を補うにあたって注目されているのが、えがおの青汁満菜です。えがおの青汁満菜には長命草、大麦若葉などの野菜が多数配合されています。えがおの青汁満菜1杯飲めば、先ほども必要な野菜摂取量の基準をクリアできてしまいます。

 

えがおの青汁満菜にたくさんの野菜が含まれていることで、ビタミンも効率的に摂取できます。たとえばビタミンBなどには肌や粘膜を健康に保つ働きがあるといわれています。また食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消効果が期待できます。このように体の調子を整え、肌のターンオーバーの乱れなどを改善してくれる効果が期待できるわけです。

 

なるべくであれば、日々の食事の中で野菜をきちんと摂取するのが好ましいです。しかし忙しい現代人は、つい外食や惣菜に頼ってしまうこともままあるでしょう。そのような時にはえがおの青汁満菜を使って、野菜不足を補う生活習慣をつけることが大事なのです。

 

ニキビ跡を薄くする効果も期待できる

えがおの青汁満菜を使って野菜を十分に摂取することで、肌のターンオーバーがスムーズになります。となるとすでにニキビができてしまって、色素沈着や赤みなどが起きている人にも一定の効果が期待できます。

 

肌のターンオーバーとは、古い肌がどんどん新しい肌に生まれ変わることです。垢を知っている人も多いでしょう。この垢は古くなった肌細胞で、新しい肌に押し出されて剥がれていくのです。

 

もしニキビ跡で色素沈着を起こしても、肌のターンオーバーを進めれば、ニキビ跡になっている肌もどんどん脱落していきます。となると徐々にニキビ跡が薄くなっていく可能性も十分期待できるわけです。

 

誰もがニキビ跡がえがおの青汁満菜を飲めばよくなるわけではないですが、えがおの青汁満菜を飲み続けたところ、ニキビ跡が治ったという口コミもあるのは事実です。ニキビ跡をどうにかしたいと思っている人は、十分チャレンジしてみる価値はあるはずです。

えがおの青汁満菜


さっそくえがおの青汁満菜を購入する!


えがおの青汁満菜の公式サイトはこちら